ゼンセイネットWEB書店
(運営:特定非営利活動法人全国精神障害者ネットワーク協議会調査研究事業部)
当事者が当事者の生活の質(QOL)向上を目指した調査研究書を当事者の視点で作成しました。
精神医療ユーザーの本音がわかる
今までにない調査研究報告書をぜひご欄ください。
○公費関係(行政期間、病院機関、学校機関などの支払い)のお買い求めの場合のみ後払い可能です。
必要書式は問い合わせ先にご連絡ください。
  • [新刊]●さるでも分かる!!精神障害者人権白書 〇第8回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2013年度版 
    [新刊]●さるでも分かる!!精神障害者人権白書 〇第8回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2013年度版 
    1,080円

    精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ

    8回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 

    2013年度版 

    さるでも分かる!!精神障害者人権白書

    ~まさかの時の人権マニュアル~

    暴かれた!!精神障害者への権利侵害!!


  • 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2006年「ユーザー1000人の現状・声」(略名称 2006年度版 調査報告書) 
    精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2006年「ユーザー1000人の現状・声」(略名称 2006年度版 調査報告書) 
    2,160円
    二種類のアンケート結果を一冊の統計報告書

    !! 二種類のアンケート結果を一冊の統計報告書にまとめました。

    !!第二弾 精神医療ユーザーアンケート調査報告書2006年  12月28日発刊!!

    精神医療ユーザーの生活は障害者自立支援法でどのように影響を受けたか、薬物療法は生活の質にここまで影響していた!全国1000人の一人ひとりの声を集めました

    !しかも、その当事者たちがユーザー生の統計調査書を作成!!



    調査実施時期:2006年7月15日~8月31日



    詳しい紹介ページ

    http://www.zenseinet.com/2006syukai/subindex.html



  • 精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2008年度版 らくらく統計読本 薬剤・医療編(略名称 2008年度版 調査報告書) 
    精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2008年度版 らくらく統計読本 薬剤・医療編(略名称 2008年度版 調査報告書) 
    2,160円
    精神医療ユーザーアンケート調査報告書2008年版

    !新刊発刊! 薬剤医療編、今まで統計調査の本が読みにくかった人のために 「らくらく読本」として新調査を読本として発刊しました。

    !!第3弾 精神医療ユーザーアンケート1000人の現状と声シリーズ 調査報告書2008年度版

    「らくらく統計読本」薬剤・医療編


    精神医療ユーザー自身たちが全国調査実施を2006年に続き第3弾を発刊!!

    調査実施時期:2007年10月15日~2008年2月20日


    ユーザーの調査がみつけた作られた常識!真実は何?

      あなたも、その作られた常識から緊急脱出。


    「調査研究の一人はこの調査が終わった時つぶやいた」

       「私は精神病で早死にしたくない・・」




    1)世界で一番の「多剤薬処方」天国日本。

    2)与えられたインフォームド・コンセント、求めるインフォームド・コンセント。

    3)再発のメリット、デメリット。

    4)どちらが大切、薬剤の主作用と副作用。

    5)薬効効果とその依存性。



    調査対象:地域生活者(患者会近辺)

    調査方式:アンケート式調査票、郵送発送回収 

    総設問数:69問

    自由記述3問もすべて削らず再現

    詳しい紹介ページ
  • 患者が望む薬 2011年度版
    患者が望む薬 2011年度版
    2,160円

    精神医療ユーザー・アンケート「ユーザー1000人の現状・声」シリーズ
    患者が望む薬

    調査報告書2011年度版地域生活者1000人の体感的現実

    「その本人からの生の統計教本」!
    ~ 地域生活の中で「いる薬・いらない薬」 ~

    新たに発見された問題ともいえるのニーズ…

    ・回答者の過去約7年間の年齢変異
    ・統合失調症とうつ病にかかる男女別の割合はほとんど変らない
    ・うつ病は短期間で薬物療法が終わるか
    ・知っていますか精神科薬の量の多さ
    ・昨年度との多剤多量比較
    ・先進国との比較
    ・ジェネリック医薬品のメリットを考える
    ・困っている症状、邪魔する症状
    ・合併症による内臓の悲劇
    ・相変わらずの医師かからの説明について



  • 精神科薬とリカバリーの現状 調査報告書2012年版
    精神科薬とリカバリーの現状 調査報告書2012年版
    2,160円
    精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ
    第7回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2012年度版
        
    精神科薬とリカバリーの現状

           ~薬を使ってリカバリーできる?~

    《特集》

    1.統合失調症・うつ病の併用処方と回復(リカバリー)の状況

    2.単剤処方薬の割合と力価の比較

    3.主な実際の処方順位と力価の比較

    4.複合調剤実態

    5.精神科薬の合併症による内臓の悲劇

    6.双極性障害の差異

    7.リカバリーについて、統合失調症とうつ病比較

    8.入院経験回数とリカバリー

    9.急性期の病院の対応変化

    10.入院回数と投薬力価(CP換算)の関係

    11.精神疾患のあきらめとリカバリー


  • [新刊]患者が望む薬 パート2 2013年版
    [新刊]患者が望む薬 パート2 2013年版
    2,160円

          完売2010年版!パート2遂に発刊!!

    精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ
    9回精神医療ユーザーアンケート調査報告書
    患者が望む薬 パート2     2013年版
    ~病者が知っておくと役に立つ身体と薬の付き合い方~望む薬、望まれない薬、三年間の比較分析しました。


    ≪今回発見された病者・障害者の状況≫

    ・服薬後の体重増加

    ・一般と精神障害者との睡眠時間の差

    ・力価と喫煙率の関係

    ・抗精神病薬の同種同効薬の処方率

    ・ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の服薬年数

    ・薬をやめる原因となる副作用


  • [最新版]精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 最新版 統計から見える処方の現状 ~統合失調症とうつ病の比較~2014年版
    [最新版]精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 最新版 統計から見える処方の現状 ~統合失調症とうつ病の比較~2014年版
    2,160円
    精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 
    最新版
    統計から見える処方の現状
    ~統合失調症とうつ病の比較2014年版

    ≪今回発見された病者・障害者の状況≫

    ・うつ病も統合失調症と同じ軟磁性の病気だった。
    ・持効性注射剤(デポ剤)は当事者の中で認知されていない。

    ・抗精神病薬は止められない。(平均18.9年間のみ続けている)

    ・再発したら半数以上の当事者が精神病院に再入院している。

    ・当事者は就労・就学を一番望んでいる。

    ・ジェネリック医薬品に変更しても治療費は変わらない。





(全商品:13点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索