ゼンセイネットWEB書店
(運営:特定非営利活動法人全国精神障害者ネットワーク協議会調査研究事業部)
当事者が当事者の生活の質(QOL)向上を目指した調査研究書を当事者の視点で作成しました。
精神医療ユーザーの本音がわかる
今までにない調査研究報告書をぜひご欄ください。
○公費関係(行政期間、病院機関、学校機関などの支払い)のお買い求めの場合のみ後払い可能です。
必要書式は問い合わせ先にご連絡ください。
  • 精神医療ユーザーの本音(ほんね)と数(かず) 裕福・普通・貧困によって左右される精神病像 2016年版
    精神医療ユーザーの本音(ほんね)と数(かず) 裕福・普通・貧困によって左右される精神病像 2016年版
    2,700円
    テーマ:貧困・普通・裕福の生活現状に左右される精神障害者像
    ★調査概要★
    実施時期:2015年12月5日~2016年2月28日
    調査方法:アンケート式調査票を全国の患者会・当事者会へ郵送発送、回収調査
    調査対象:1052団体6100票
    回答者数:1043人(回収率17.9%)
          ・有効回答数1036人(入院者や精神病ではない7名を無効回答と
           して除く)

    ≪今回発見された病者・障害者の状況≫
    ・病状の回復は金銭的余裕がある人が高い。
    ・一般就労はある程度金銭的余裕がありアルバイトは貧困であり病状の回復が悪い。
    ・就労支援A型・B型の通所者は、一般就労を半数以上が諦めている。
    ・ジェネリック医薬品へ変更する必要条件は、価格の安さや不安感を取り除く説明であった。
    ・リカバリーで、一番問題になった人間関係の解決策を記述式で回答。
    コミュニケーションの壁はフリーアンサーに解決のカギがあった。


  • 精神医療は誰のため? ユーザーと精神科医との「対話」
    精神医療は誰のため? ユーザーと精神科医との「対話」
    2,700円
    〈精神医療ユーザー〉NPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会  (ストロベリーママ・徳山大英・藤田幸廣・山梨宗治)
    〈精神科医〉伊藤哲寛・上田啓司・野中
    猛,〈座長〉八尋光秀  

    精神医療は誰のために,何のためにあるのか.原点を共に考える試み.  (共同医書にて発刊)

    精神医療に対する認識は,ユーザーと精神科医との間で当然違います.ですが,よりよい精神医療・支援のあり方,望ましいリカバリーの実現という共通の目標はもっています.

    本書はそこを足場として,精力的に当事者活動を展開するNPO法人全国精神障害者ネットワーク協議会のメンバーと,長年精神医療に携わってきた医師たちが,弁護士の仲立ちを得て,診断や入院・薬についてなど様々な問題を共に話し合った貴重な記録です.

    メンバーが自身の体験とユーザー達への実態調査の結果をもとに率直に切実な疑問を呈すれば,医師たちも時に答えに詰まりながらも誠実に答え,尋ねます.これらの問題を共有している,チーム医療や地域での連携を目指しリカバリーを共に考える専門職,主役であるユーザー,そして一般の人にも,ぜひ読者として参加してほしい一冊です.

  • 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2006年「ユーザー1000人の現状・声」(略名称 2006年度版 調査報告書) 
    精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2006年「ユーザー1000人の現状・声」(略名称 2006年度版 調査報告書) 
    2,160円
    二種類のアンケート結果を一冊の統計報告書

    !! 二種類のアンケート結果を一冊の統計報告書にまとめました。

    !!第二弾 精神医療ユーザーアンケート調査報告書2006年  12月28日発刊!!

    精神医療ユーザーの生活は障害者自立支援法でどのように影響を受けたか、薬物療法は生活の質にここまで影響していた!全国1000人の一人ひとりの声を集めました

    !しかも、その当事者たちがユーザー生の統計調査書を作成!!



    調査実施時期:2006年7月15日~8月31日



    詳しい紹介ページ

    http://www.zenseinet.com/2006syukai/subindex.html



  • 精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2008年度版 らくらく統計読本 薬剤・医療編(略名称 2008年度版 調査報告書) 
    精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2008年度版 らくらく統計読本 薬剤・医療編(略名称 2008年度版 調査報告書) 
    2,160円
    精神医療ユーザーアンケート調査報告書2008年版

    !新刊発刊! 薬剤医療編、今まで統計調査の本が読みにくかった人のために 「らくらく読本」として新調査を読本として発刊しました。

    !!第3弾 精神医療ユーザーアンケート1000人の現状と声シリーズ 調査報告書2008年度版

    「らくらく統計読本」薬剤・医療編


    精神医療ユーザー自身たちが全国調査実施を2006年に続き第3弾を発刊!!

    調査実施時期:2007年10月15日~2008年2月20日


    ユーザーの調査がみつけた作られた常識!真実は何?

      あなたも、その作られた常識から緊急脱出。


    「調査研究の一人はこの調査が終わった時つぶやいた」

       「私は精神病で早死にしたくない・・」




    1)世界で一番の「多剤薬処方」天国日本。

    2)与えられたインフォームド・コンセント、求めるインフォームド・コンセント。

    3)再発のメリット、デメリット。

    4)どちらが大切、薬剤の主作用と副作用。

    5)薬効効果とその依存性。



    調査対象:地域生活者(患者会近辺)

    調査方式:アンケート式調査票、郵送発送回収 

    総設問数:69問

    自由記述3問もすべて削らず再現

    詳しい紹介ページ
  • 患者が望む薬 2011年度版
    患者が望む薬 2011年度版
    2,160円

    精神医療ユーザー・アンケート「ユーザー1000人の現状・声」シリーズ
    患者が望む薬

    調査報告書2011年度版地域生活者1000人の体感的現実

    「その本人からの生の統計教本」!
    ~ 地域生活の中で「いる薬・いらない薬」 ~

    新たに発見された問題ともいえるのニーズ…

    ・回答者の過去約7年間の年齢変異
    ・統合失調症とうつ病にかかる男女別の割合はほとんど変らない
    ・うつ病は短期間で薬物療法が終わるか
    ・知っていますか精神科薬の量の多さ
    ・昨年度との多剤多量比較
    ・先進国との比較
    ・ジェネリック医薬品のメリットを考える
    ・困っている症状、邪魔する症状
    ・合併症による内臓の悲劇
    ・相変わらずの医師かからの説明について



  • 精神科薬とリカバリーの現状 調査報告書2012年版
    精神科薬とリカバリーの現状 調査報告書2012年版
    2,160円
    精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ
    第7回 精神医療ユーザーアンケート調査報告書 2012年度版
        
    精神科薬とリカバリーの現状

           ~薬を使ってリカバリーできる?~

    《特集》

    1.統合失調症・うつ病の併用処方と回復(リカバリー)の状況

    2.単剤処方薬の割合と力価の比較

    3.主な実際の処方順位と力価の比較

    4.複合調剤実態

    5.精神科薬の合併症による内臓の悲劇

    6.双極性障害の差異

    7.リカバリーについて、統合失調症とうつ病比較

    8.入院経験回数とリカバリー

    9.急性期の病院の対応変化

    10.入院回数と投薬力価(CP換算)の関係

    11.精神疾患のあきらめとリカバリー


  • 精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2009年度版 誰でもできる精神病の予防とその対策 らくらく統計読本パート2(略名称 2009年度版 調査報告書) 
    精神医療ユーザーアンケート「ユーザー1000人の声と現状シリーズ 2009年度版 誰でもできる精神病の予防とその対策 らくらく統計読本パート2(略名称 2009年度版 調査報告書) 
    3,240円
    詳細こちらからをご覧になってください。クリック  精神医療ユーザーたちが発刊する、全国調査報告書も今回で4回目になる。

     今回の調査の内容は精神病を誰でも理解でき、身近な人でも予防でるきようにと調査報告書を編集されている。

     統計調査報告書を誰でもみてわかる読み物にしようと、調査研究員は約一年間編集にあけくれ今回の発刊にいったという。

     相変わらず、障害者だけで作成しているが、一般の統計調査などではわからない病者や障害者の視点でわかりやすいことばを使い、解説的な部分にはすべての難しそうな専門用語には説明までが入れられている。

     またこの本の特徴ともいえる記述式の回答の分類(タイトルわけ)はすべてがその体験者でしかわからない部分でされているので、現実感があふれている。

     この統計読本は2冊の本が一冊にされている。一冊(第一部)は家庭でも一目ですぐわかるものもう一冊(第二部)はまだ読み足りない統計調査をみる人向けである。

     障害者でも精神障害者は専門家より劣っているといったイメージがつきがちだかこの著者はすべて自分の意思と目的をもった病や障害をもったその専門家といえよう。

     今回は初めて、発刊する前にNHKでおなじみの精神科医 伊藤先生に推薦の文と写真をもらい本の帯に使っている。

     この本の作者たちはこう話す「この本は家庭に一冊置いておけば、精神の病を予防することもできますし、社会の偏見もきっととなくなりますヨ」「誰でもが、きっと安心して精神病といえるでしょう」

      

(全商品:13点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索