• ホーム
  • >全件表示
  • >調査報告書
  • >[最新版]精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 最新版 統計から見える処方の現状 ~統合失調症とうつ病の比較~2014年版
ユーザー自身が項目から、分析までも、実施。全てその当事者だけで制作編集された実態調査報告書
■すべて郵送、発送回収現実の当事者が回答しています。ネット調査ではありません。

[最新版]精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 最新版 統計から見える処方の現状 ~統合失調症とうつ病の比較~2014年版

  • A4使用コーティングカラー表紙製本 総108ページ 

    A4使用コーティングカラー表紙製本 総108ページ 

精神医療ユーザーアンケート1000人の現状・声 シリーズ 
最新版
統計から見える処方の現状
~統合失調症とうつ病の比較2014年版

≪今回発見された病者・障害者の状況≫

・うつ病も統合失調症と同じ軟磁性の病気だった。
・持効性注射剤(デポ剤)は当事者の中で認知されていない。

・抗精神病薬は止められない。(平均18.9年間のみ続けている)

・再発したら半数以上の当事者が精神病院に再入院している。

・当事者は就労・就学を一番望んでいる。

・ジェネリック医薬品に変更しても治療費は変わらない。





★調査概要★
・実施時期:平成25125日~平成26228
・調査方法:アンケート式調査票を全国の患者会

当事者会へ郵送発送、回収調査   

 ・調査対象:941団体6009
 ・回答者数:1106人(回収率18.4%)

 ・有効回答者数:1025人(未回答者72名、

 無効回答者2名、入院者7名を無効回答として除く)

★設問内容★
「統合失調症の方限定設問」「うつ病の方限定設問」「治療期間」「リカバリー」「病状悪化時の経験」「残薬」「服用確認」「剤形」「医療負担」「現在の処方薬」「現在の処方量」「ジェネリック薬」「医師との関係」

(総設問数62問)






2,160円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索